明日生きている保証はどこにもない

僕たちは皆、毎日の生活をしながら生きている。

当たり前のように生きている。

当たり前のようにいつまでも生きていると勘違いしながら。

でも本当は明日が訪れる保証などどこにもない。

明日の朝、目が覚めない可能性は決して0ではない。

もちろん、自分たちがいつか死ぬことは誰もが頭では分かっている。

でもまだまだ「その時」は訪れないと、どこかで高を括っていませんか。

余命宣告を受けた人は残りの人生の時間を知ることで、少しでも充実した毎日を生きようと生き方や考え方を変えようとする。

僕たちも本当は生まれたときにすでに余命宣告を受けていると考えてみるべきじゃないだろうか。

ただそれがいつになるのかが分からないだけ。

明日生きている保証がないのだとすれば、今日の生き方・考え方は自ずと変わってくるはず。

人は死ぬときに後悔することがあるといいます。

詳しくは別の機会に書こうと思っていますが、後悔する事柄を事前に教えてもらえるありがたさを大いに受け止めたいです。

毎日を大切にしながら今を大切にしながら生きて行きたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る